" "
MENU

俳優になるために必要なことを4つまとめてみました!

様々なメディアの世界で多くの人を虜にする職業になりたいと考える人もたくさんいますよね。俳優になるために必要なものと共に、どうすれば俳優になれるのか、俳優を目指すのに適した年齢について解説していきます!!今回の記事を参考に俳優への第一歩を踏み出してください。
ProEntertainment

目次

  • 俳優に必要な能力1 協調性

    • 俳優は様々な人と協力しながら作品を作り上げていく仕事です。なので自分一人では何もできないことを理解しときましょう。また俳優とは、作品の中で活躍する仕事の一つにすぎません。 そしてスタッフ全員と協力し合うことが、必要不可欠なのです。周りと上手くやっていかないのは論外で、また周りとの輪を乱すこともしてはいけません。社会でやっていくためにもこれは基本中の基本ですね。

  • 俳優に必要な能力2 あきらめない心

    • 俳優になることができたとしてもチャンスが必ずしも訪れるわけではありません。オーディションは、参加し続けることになるでしょう。なぜなら自分の出番を得るためにです。 しかしそのオーディションに中々合格できず、挫折を経験することも多くなるでしょう。しかしあきらめてしまっては、有名俳優への道がそこで閉ざされてしまいます。 オーディションに落ちても、前向きな気持ちを失わないこと、あきらめない気持ちが俳優には必須なのです。

  • 俳優に必要な能力3 個性

    • 他の人にはない魅力・個性を周囲に伝える必要がありますね。しかし覚えておいてほしいことは個性に正解がないことです。実は自分にとって短所と思っていることが、周囲から見たときには個性となる可能性もあります。オーディションでは積極的に自身の魅力を見極めた上でその個性をアピールする必要があります。

  • 俳優に必要な能力4 情熱

    • 俳優という仕事は正解が存在するものではありません。そこで追及を辞め、成長しなくなった役者に興味を抱いてくれる人々はいません。周囲を魅了し続けるためには絶えず俳優業に情熱を注ぎ続け、自身を成長させ続ける情熱が必要になります。

  • 俳優を目指す適齢期とは

    • 俳優を目指す上で10代から20代ごろまでが適齢期と言われます。30代を超えると、オーディションも取捨選択して受けれるものと受けられないものがでてくるので、選択肢の幅が狭まるために徐々に厳しい状況になります。 この事実に加えて30代以降の俳優層は、若い頃から俳優として活躍し、経験を積み重ねてきた方が中心となって作られています。そこに新人として切り込み、新たな需要を開拓することはかなりの難易度の高さだと思いますが、遅咲き俳優と呼ばれる方々もたくさんいらっしゃるのも事実です!自分では無理かも・・と思わずに挑戦してみる気持ちは大切かもしれません

オーディション概要

  • 募集部門

    俳優/女優/歌手/モデル/Youtuber/ライバーなどジャンル多数!

  • 過去出演作品

    コンフィデンスマンJP/NHK連続テレビ小説「なつぞら」 おんな城主直虎/偽装結婚/しゃべくり700/ 奇跡体験アンビリーバボー! 他出演作品多数

  • 応募資格

    年齢制限・経験の有無は問いません、どなたでもご応募 いただけます!

  • 料金

    オーディションにかかる費用は一切ございません

  • 応募方法

    下記、「オーディション応募フォーム」ボタンより 必要事項を記入の上、ご応募ください。追ってご連絡 させていただきます。